スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花を飾って(KAMAKURA)第一回

去る三月初旬、鎌倉に行って来ました。
ここは「姉しょ」の舞台のモデルとなった街です。
実は学生時代まで私は鎌倉から山をひとつ越えて
隣接する某市に住んでおり、何度も訪れているの
ですが、最後に立ち寄ってからもう十年近く経って
いることもあって、今回「姉しょ2番外編」シリーズ
新作の取材も兼ねての小旅行と相成った次第です。

なお、今回のエントリーは写真が多く掲載して
おりますので、ナロウバンドでご覧のみなさんには
かなり重く表示されると思います。ごめんなさい。

それから、本文中にはちょこっとだけゲーム本編及び
拙著のネタバレが含まれる場合があります。
大きなネタバレはないとは思いますが、念のため予め
お知らせしておきます。


さて、湘南新宿ラインに揺られて約2時間。
のどかな昼下がりに空也君と同じく鎌倉駅に到着。
mar07_01s.jpg

ゲーム本編をプレイされた方にはもうおなじみの鎌倉駅の駅舎ですね。
ekis.jpg

(C)きゃんでぃそふと 禁無断転載

本日の同行者Mさんと合流し、まずは小町通を経由して
鶴岡八幡宮に向かいます。
mar07_02s.jpg

小町通りというと、私が足繁く通っていた頃にはまだ
段葛のある若宮大路の裏路地というイメージが強かったの
ですが、それは過去のことのようでいまやお土産物屋や
飲食店、何故鎌倉にこんなお店が、と言う謎のグッズ
ショップまで、まるでここは竹下通りかというくらいに
(え? 例えが古い?)観光客でごった返しておりました。
そんな中で見つけたのが、これ。

mar07_03s.jpg


「姉しょ2」でもひなのんの足となっていた人力車。
鎌倉市内にはいくつかの人力車屋さんがあります。
値段は30分5000円~8000円くらいだそうですが、
車の入れない細い路地にも入っていけますし、車引きの
お兄さんにいろいろと穴場の情報なんかも教えてもらえて
楽しそうです。

そうこうしているうちに、鶴岡八幡宮に到着。
毎年お正月には初詣客であふれる境内も、三月のうららかな
昼下がりにはのんびりとしてました。
mar07_05s.jpg


境内にある舞殿(下拝殿)。
mar07_04s.jpg

義経と別れて鎌倉に戻された静御前が、頼朝の前で
舞を舞ったとされる若宮の回廊の跡に建てられたもので
毎年4月に開催される「鎌倉まつり」ではこの故事に
ちなんで、白拍子の舞が奉納されます。
ひなのんにもぜひこんな舞台で舞を舞って欲しいですね。

三代将軍源実朝が甥の公暁に暗殺されたとされる
大銀杏のある石段を登って、本殿に参拝しました。

mar07_06s.jpg


残念ながら工事中でしたが、ここもゲーム中に何度も
登場したあの場所と同じですね。

zinnzixyas.jpg

(C)きゃんでぃそふと 禁無断転載

本殿では今回の企画の成功と、読者の皆様のご健勝を
お祈りしてきました。
しかしそのあと、同行のMさんとおみくじを引いたら
Mさんが引き当てたのが、なんとこれが 大凶!
本当に大凶のおみくじなんて、あるんですね。ある意味
貴重な経験かもしれません。
ちなみにMさんはえらく凹んで、もう一度別の所で引き
直していました。

ここでちょっとしたトリビアを。
本宮の楼門に飾られた「八幡宮」の扁額の「八」の字は……。
mar07_07s.jpg


八幡様のお使いとされる、ハトがモチーフになっているの
です。ぜひ八幡宮に行かれた際に確認してみてください。

八幡宮から若宮大路を通って駅方面に向かっていると、
人力車に乗りながら、なんかえらく大きな声で話している
カップルが。
Mさんいわく「今の井上和香じゃん!」「へ?」
どうも隣にいたのはDJの山本シュウで、ラジオか何かの
企画だったようです。

駅に戻って、今度は江ノ電鎌倉駅の方からテクテクと歩く
こと30分。鎌倉らしい隧道をいくつか通って、銭洗弁財天
こと宇賀福神社に向かいました。
mar07_09s.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、この神社の境内にある
名水・銭洗水でお金を清めると不浄が消えて福銭になると
いう言い伝えがあるのです。
ビンボー暮らしの長い私とMさん、当然こぞって小銭を
ぱしゃぱしゃと洗い清めます。
しかしその後、せっかくお清めしたお金をその日のうちに
使ってしまったというオチが着きました。
やはりお金を清めても、使う本人の心が清くないとご利益が
ないという、いい見本です。(トホホ……)

ちなみに「番外編」第二巻第三話で、空也が沖縄からやって
きた団長や京たちをこの八幡宮~銭洗弁財と言うルートで
観光案内していました。
一応歩いて行ける距離ですから、あながちウソではなかった
ようで、ひと安心。

mar07_10s.jpg


そこから来た道を少し戻って、Mさんオススメの佐助稲荷神社へ。
銭洗弁財天の周りもそうだったのですが、この辺りは昼下がり
といえど行き交う人もほとんどなく、ひっそりとしています。
最初に訪れた小町通が非常ににぎやかだった分、その落差は
大きく感じます。これもまた、鎌倉ですね。
写真を見ていただければわかりますが、昼なお薄暗い境内の
石段沿いに奉納された赤い幟と鳥居が延々と並んでいる様は
とても不思議な雰囲気がしました。

こんなところなら妖怪変化魑魅魍魎、霊獣イヅナの一匹くらい
出てきてもおかしくなかったのですが、私が遭遇したのは
最近鎌倉で繁殖して問題になっているタイワンリスだけでした。

#そういえばここ、鎌倉を舞台にした某アニメでも登場
 していましたね。

mar07_12s.jpg

mar07_11s.jpg


歩き疲れて来たので、ちょっと休憩をすることに。
佐助稲荷のすぐそばには、くずきりのおいしい「みのわ」
という有名なお店があるのですが、残念ながら定休日。
「では、白玉のおいしいお店を」ということで、佐助隧道の
そばにある「茶房 雲母」というお店へ。
注文を受けてから作る白玉はモチモチとして温かく、食べ
応えがあります。
お盆の上に花を一輪添えたり、食後には昆布茶のサービスが
あったりと、細やかな心遣いも素敵でした。


長くなりましたので、ここでひとまず区切りましょう。
次回は鎌倉の大仏様に会いに行きます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白衣の天使 応援バナー
キャラメルボックス公演情報
 
on Twitter
FC2カウンター
PROFILE

佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)

  • Author:佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)
  • 19XX年埼玉県出身。おひつじ座・O型・ゲームやアニメのノベル、シナリオを書きながらゆるゆると生きてます。商業誌で漫画は描いておりません(苦笑)これまで手がけてきた作品についてはこちらをご覧くださいませ。小説およびシナリオ、企画などのお仕事を広く承っております。ご依頼、ご相談などはstargazer★myad.jp(★をアットマークにしてください)までよろしくお願いします。
    ※現在、2017年初夏以降のライトノベル・ゲームシナリオなどのお仕事を募集中です。
     サンプルテキストなど用意しております。上記アドレスまでお気軽にご相談ください。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■おしながき■
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。