スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ノ島ブギウギ(後編)

いるか(以下:) さてさて、水族館を後にして、今度は江ノ島ですよー。
要芽(以下:) ところでいるか、さっきからあなた「江ノ島」って言ってるけど、
           住所表記は「江の島」よ。これはどういうことなのかしら?
  ほえ? え、えーと、これはですねぇ……

ane_mar08_016s.jpg

  ううっ……すみませんお姉様、そこまでは調べてませんでした~(TwT)
  しかたないわね。いい? 昭和44年1月から、藤沢市は住所や公文書の
   表記を「江の島」に統一したのよ。
   だから、本来なら「江の島」で統一されるべきなの。
  なるほろなるほろー。
  ただし江ノ電や小田急線の駅名としては「江ノ島」だし、史跡天然記念物・
   名勝として文化庁に登録されている名前は「江ノ島」なので、
   カタカナの「江ノ島」も俗称として使われているわ。
   ややこしいのは新江ノ島水族館。施設の名前は「江ノ島」だけど、会社組織
   としての名前は「株式会社江の島水族館」なのよ。
  ほえ~。いろいろとややこしいんですねぇ。
  もうひとつ加えると、これから行くのは「江島神社」。つまり「の」も「ノ」も
   入らないのよ。
  あううう、もう、何がなんだかわかりましぇーん(TmT)


  その「江島神社」。辺津宮、中津宮、奥津宮という三社からなる御社よ。
ane_mar08_020s.jpg

  これは辺津宮。鎌倉幕府三代将軍、源実朝が建立したとされ、
   田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)が祀られているわ。
ane_mar08_021s.jpg

  で、この辺津宮のそばにある奉安殿には、日本三大弁財天に数えられる
   妙恩弁才天があるんだけど……。(写真なし)
  お、お姉様! この神様、すぽぽーんですよ! 裸ですよ、
  ええ、全裸に琵琶を構えただけのお姿で、別名「裸弁財天」というそうよ。
  昔っからエロエロな人たちがお参りに来てたんでしょーか?
  エロエロかどうかはわからないけど、弁天様は芸能の神様だから、歌舞音曲に
   まつわる信仰は古くからあるようね。  


  そ、それにしてもけっこう急な坂を上ってきたので疲れちゃいましたよー。
  ふっ……軟弱者。
  あ、あの「エスカー」って乗り物、乗りましょうよ! 展望台のある
   山頂まで一気に登っちゃうそうですよ!
  あれは──やめておいたほうがいいわよ。
  ど、どうしてですか?
  たぶん、乗ったら後悔するから。いろんな意味で。
  ううっ……でもこの疲労感には勝てません。わたし、乗ります! 
    はい、オトナ一枚180円!
  そう。じゃあ、山頂の出口で落ち合いましょう。
  はいはい、それじゃあ行ってきまーす♪

………

………………

………………………

【10分後。山頂にて】
ane_mar08_023s.jpg

  ふう、ここから見る景色は最高ね。
  ………
  お待たせしたわね、いるか。エスカーの旅はどうだった……?
  ……い、いろんな意味で衝撃的でした。
  でしょう?
  あんなものに180円もかけてしまった自分が情けなかとです……。
  しかもあれ、上りしかないのよ。下りるときは、階段しかないの。
  うう……みなさんもぜひ江ノ島に来た際にはエスカーに乗ってみて、
    この脱力感を体験してみてください。
  参道の突き当たり、一番上の写真の奥に乗り口があるわ。
    そこから乗ると330円ね。
130_3033s.jpg

  さあ、気を取り直して、あの江ノ島展望燈台に行きましょう!
  手前に見えるのは、中国昆明市から寄贈された中国伝統建築様式の
    四阿(あずまや)、「騁碧亭(ていへきてい)」ね。
130_3029s.jpg

  ほええ~、絶景かな、絶景かな、ですねー。
  ぐるっと視界360度のパノラマが楽しめるのよね。天気がいい日には
   遠く伊豆半島まで見渡せれるそうよ。
  眼の前に水平線が広がるのって、気持ちいいですー。
  この展望灯台は頂辺の避雷針までが59.8m。海の高さからだと
   119.6m。民間の三級灯台としては多分日本で一番高い灯台ね。
   元々は二子玉川にあったパラシュート降下練習用の塔をここに
   移築して、灯台兼展望台として開放したのがはじまりらしいわ。
  じゃあ、このきれいな展望灯台は二代目、ってことですね。
  ええ。初代の展望灯台は風の強いに日にはぐらぐら揺れて別の意味で
   こわかったそうよ。

 
ane_mar08_025s.jpg

  お姉様、このレンガ造りのぼろっちいのは何なんですか?
  あなた、そんなことを言っていると各方面に怒られるわよ。
   これは明治時代にこの地に居を構えたアイルランド人の貿易商、
   サムエル・コッキングが私財を投じて造った植物園の遺構よ。
  レンガ造りの植物園ですかー。
  当時としては画期的だったスチームを使った温室などがあって、亜熱帯の
   植物も栽培していたそうよ。
   建物自体は1923年の関東大震災で崩壊してしまって埋められてしまった
   のだけれど、今回展望灯台とその周辺の整備に伴って遺構が再発掘されて、
   こうして一般公開されているというわけね。
  日本の近代建築史からみても、貴重な史跡なんですねー。


  ところでお姉様、さっきから気になっていたんですが、この辺りって
   やたらにネコちゃんを見かけません?
  そうね。一説には800匹とも1000匹とも言われるネコがいると聞くわ。
  ほええ~、江ノ島じゃなくてネコ島ですねー。
ane_mar08_027s.jpg

  でも、なんでそんなにネコちゃんが多いんですか? 海のそばで
   おいしいお魚がいっぱい食べれるからでしょうか?
  さあ、どうかしら。ただ……猫がたくさんいるのをいいことに、
   捨て猫の数も少なくないそうよ。
  むむっ、それはちょっと許せないですー!
ane_mar08_022s.jpg

  幸い、地元の人たちやボランティアの人たちで不妊手術をして、
   これ以上数が増えすぎないようにしているそうよ。
  ふへー、頭が下がります。
ane_mar08_017s.jpg

  それにしてもネコちゃんたちの表情をみてると、観光客だけじゃなくて
   地元のみなさんにも愛されているのがよくわかりますね。
  ええ。猫たちもまた、ここの風景の一部として
   すっかり溶け込んでいるようね。
ane_mar08_018s.jpg



  以上、駆け足でしたけど江ノ島をぐるっと散歩してきました。
   私的にはー、やっぱ新江ノ島水族館が面白かったです♪
   子供から大人まで楽しめると思いますよー。
  今回は時間の都合で行けなかったけど、次回は是非海側にある
   岩屋にも足を運んでみたいわね。
  お姉様、せっかく海辺に来たんですから、今度はおいしいお魚料理を
   ご馳走してくださいよね? ね?
  別にいいけど……その代わり、食事代はあなたの給料から天引きよ。
  へ? そ、それは~(TxT)
ane_mar08_028s.jpg

  あ、お、お姉様! こんなところにスマートボール場がありますよ! 
  あら、懐かしいわね。
  これってピンボールみたいにボールをはじいて、大昔のパチンコ
   みたいに穴にボールを入れるんですよね。ウチの田舎にもありましたー。
  こんなレトロなものが現役で生き残っているとは……さすが江ノ島、
   観光地ね。
  お姉様、食事代を賭けて私と勝負しませんか?!
  そうね……いいわ、付き合ってあげる。
  ひゃっほー! 私、食べ物がらみの勝負は強いんですよー!
  まあ、やる前から結果は見えていると思うけれど?
  よーし、おばちゃーん、大人二人、勝負でーす!




※今回のエントリーを書くにあたっては、江ノ島の歴史から名所
 案内まで細かく網羅したウエブサイト、江の島マニアックさん
 の記事を参照させていただきました。みなさんも江ノ島に行く
 前には、是非一度ごらんになることをオススメします。

  というわけで、長らくのお付き合い、ありがとうございました~♪
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★QZ さん
書き込みありがとうございます。
前半の鎌倉旅行記が冗長だったので、後半の江ノ島編は
要芽お姉様+いるかちゃんに登場してもらいました。
楽しんでいただけたのなら幸いです。

新江ノ島水族館は、お姉様も行った(はずの)8景島の
水族館に比べると規模も小さいですが、小学生に戻った
気分で、遠足気分で行くとなかなか楽しめると
思いますよ。

エスカーは、たしかに乗るとラクチンなんですよね。
でも乗ったあとで、なぜか敗北感でいっぱいになるんです。
なぜなんでしょう……?(苦笑)

楽しゅう御座いました

鎌倉散策に続き、江ノ島紀行。
堪能させて頂きました。
しかも、要芽お姉様&いるかちゃんまで登場というビックボーナス!
嬉しいですねぇー
この前江ノ島へ行ったとき、時間が無くて江ノ島水族館を断念したのですよ~
次こそはペンギンさんとみなぞうくんに会いに行きます!(笑)
エスカー……すいません、乗りました。
楽ちんでご満悦でしたー!
白衣の天使 応援バナー
キャラメルボックス公演情報
 
on Twitter
FC2カウンター
PROFILE

佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)

  • Author:佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)
  • 19XX年埼玉県出身。おひつじ座・O型・ゲームやアニメのノベル、シナリオを書きながらゆるゆると生きてます。商業誌で漫画は描いておりません(苦笑)これまで手がけてきた作品についてはこちらをご覧くださいませ。小説およびシナリオ、企画などのお仕事を広く承っております。ご依頼、ご相談などはstargazer★myad.jp(★をアットマークにしてください)までよろしくお願いします。
    ※現在、2017年初夏以降のライトノベル・ゲームシナリオなどのお仕事を募集中です。
     サンプルテキストなど用意しております。上記アドレスまでお気軽にご相談ください。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■おしながき■
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。