スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どきどきシチュエーション

20060624001042.jpg

みんな元気だったか。竜鳴館生徒会副会長、鉄乙女だ。
今日は多忙で泣き言をほざいている佐々宮ちるだに
代わって、 私がこのぶろぐを仕切るぞ。

ところでお前たちは今、きゃんでぃそふと公式ページで
開催中の
「つよきす」番外編&ドラマCDシチュエーション募集企画
知っているか?
募集開始から一週間、既に自信作を応募したものも多いだろう。
だが、中には興味はあるが、どんな作品を送れば良いのか
悩んでいるものも多いだろう。

そこで今回は私がお前たちにシチュエーション募集企画の
応募に際してのヒントを特別に伝授してやろう。

いいか、あくまでヒントだぞ。アイディアを考えるのは
お前たち自身だからな。そこのところ、勘違いするんじゃないぞ。

20060624000904.jpg

では早速、シチュエーション募集企画の「傾向と対策」を
行ってみよう。まずは以下の標語を大きな声で音読してみろ。

★その1

「適材適所」で行こう!


ちゃんと音読したか? ズルをしたものは制裁だぞ?

「適材適所」……その人やものの適性や能力に応じて、
それにふさわしい地位・仕事に就かせること──だな。

これはどういうことかと言うと、どんなに面白いアイディアや
シチュエーションでも、その媒体(今回は小説やドラマCDだな)に
合っていないと、その魅力は半減してしまうということだ。

具体的に佐々宮が用意した例をひとつ挙げてみよう。

「生徒会執行部のメンバーの中身が入れ替わったら……」
なるほど、定番ネタだがなかなか面白そうだ。
例えば、蟹沢と椰子のココロが入れ替わったとしたら──

カニ 「よぉし! これからこのココナッツの体で好き放題こと
   いろいろと遊ばせてもらうぜ♪」
なごみ「き、貴様──?!」
カニ 「おーっと、暴力に訴えるのかよぉ。いいんだぜ。傷つくのは
    ボクのハートより、お前のこの身体だもんなぁ」
なごみ「くっ……」
カニ 「さぁて、何しようかなぁ……松笠駅前でストリップなんか
    どうだ? たちまち松笠のエロアイドルだぜぃ」
なごみ「や、やめろっ……そんなことしたら私も隣りで同じこと
    やってやる!」
カニ 「し、しまった!」
フカヒレ「あ、それはげしくキボン! カニはともかく椰子のは見たい!」



……とまあ、こんな感じの会話がお前たちにも想像できるだろう。
よし、早速このアイディアを応募しよう! ……と思った者、

甘い!

このアイディアには決定的な弱点があるのに気付かんのか?

……何、わからない?

仕方無い、今から私が懇切丁寧に説明してやる。

まず、このシチュエーションの一番のセールスポイント……つまり
「見どころ」を考えてみるんだ。
──そう、いつもはケンカばかりしている蟹沢と椰子の中身が
入れ替わってしまう点だな。
しかし、もう一度上の例文をよく読んでみるんだ。
最初に書いた「蟹沢と椰子のココロが入れ替わったとしたら」と
いう但し書きがなかったら、これはいつもの二人の会話と変わらない
ことに気付かないか?

「二人が入れ替わる」というアイディアは非常に面白い。だが、
この面白さは二人の画像と声が伴ってはじめてわかる面白さでは
ないか?
ということは、このアイディアは画像がない小説やドラマCDには
あまり向いていないということがわかってもらえたと思う。
(もちろん、このアイディアを小説やドラマCDで活かすための
 方法はいくつかあるのだが、ここではあえて紹介しない。宿題だな)

このように一見自由なようで意外な制限がある小説やドラマCDだが、
逆の利点もある。
例えば文字だけ(音だけ)の表現だからこその利点として、舞台を
自由に選べる──ということがある。
早い話が、文章やシナリオに「宇宙空間」「ジャングル」と書けば
そこはもう、広大な宇宙空間や鬱蒼としたジャングルになるのだ。
ドラマCDの場合でも、こうした空間を表現する「効果音」という
ものが用意されているから、舞台はどこにでもできる。
これがビジュアルの付いたゲームやアニメーション、実写映画だと
背景やロケ地を用意しなければならないので大変だろう?

実は前回「姉しょ番外編」で同じようなシチュエーション募集を
したときも、アイディアとしては面白いが小説という媒体で表現する
には少々難しいと判断されて、選からもれたものがいくつかあったと
佐々宮から聞いている。
このことはちょっとは頭の隅においておくといいかもしれないぞ。

小説にせよドラマCDにせよ、ゲームやアニメに比べて映像が
伴わないということは、たしかにハンデだ。
だがそのハンデは「想像力」というもので補うことが出来るのだ。
まあ、鮫氷のような想像力というよりは「妄想力」に特化したものは
ちょっと考え物だが……。

お前たちも、ただアタマに思いついたものをそのまま応募するのでは
なく、小説だからこそ、ドラマCDだからこそ実現できるという
他とは違った面白いアイディアやシチュエーションを考えて、
審査員たちを驚かせてやるんだ。
なに、難しく考えることは無いぞ。お前の「つよきす」への愛を形に
すればきっと何かいいアイディアが浮かぶはずだ。

では、お前たちの応募を楽しみに待って……。
tutinagasan.jpg
おいおいおい、ちょーっと待てぇぃ。
20060624000904.jpg

土永さんじゃないか。どうしたんだ?

乙女よぉ、これでシチュエーション募集の傾向と対策は
ばっちりだぁぁ~とでも言うのかぁぁ~?

うむ。まだ何か足りないか?

当たりきしゃりきのイカのタマキンよぉ~。
いいかぁお前たちぃぃ、次回はもっとためになる話を
この土永さんがしてやるから、耳の穴かっぽじってぇ~
んよぉぉく聞くんだぁぁ~。


(というわけで次回に続く)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白衣の天使 応援バナー
キャラメルボックス公演情報
 
on Twitter
FC2カウンター
PROFILE

佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)

  • Author:佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)
  • 19XX年埼玉県出身。おひつじ座・O型・ゲームやアニメのノベル、シナリオを書きながらゆるゆると生きてます。商業誌で漫画は描いておりません(苦笑)これまで手がけてきた作品についてはこちらをご覧くださいませ。小説およびシナリオ、企画などのお仕事を広く承っております。ご依頼、ご相談などはstargazer★myad.jp(★をアットマークにしてください)までよろしくお願いします。
    ※現在、2017年初夏以降のライトノベル・ゲームシナリオなどのお仕事を募集中です。
     サンプルテキストなど用意しております。上記アドレスまでお気軽にご相談ください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
■おしながき■
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。