スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病床パブリック

まずは──ごめんなさい!
連載SS「なごみのバースディ」ですが、諸事情ありまして
しばらくお休みします。
楽しみにしてくださっている方々には大変申し訳ありません。
必ずや完結させますので、どうかしばしお待ちくださいませ。
さて、4月14日にソフトガレージさんから「つよきす番外編」の
第二巻「お花見に行こう!」が発売になりました。
tuyokiss2.jpg


いつもならこのblogに予告編をアップするところなのですが……
既にお気付きの方も多いと思いますが、今回の「番外編」は
前回の「なごみのクリスマス」で「恋人は西脇さん」を書かれた
御門智さんおひとりで書かれており、佐々宮は参加しておりません。

私事で恐縮ですが、実は入院をしておりました。
……あ、これはウソネタじゃないですよ(笑)

実は昨年末くらいから体調が思わしくない状況が続いておりました。
それでもおかげさまで仕事が忙しいこともあって、特にこれと
いった対策も治療もしないまま、慌しく新年を迎えました。
ところが、年明け早々今まで経験することがなかった急な眩暈に
襲われるようになりました。
そのときは「疲れがたまっているのかしら」くらいにしか
思わなかったのですが、続いて耳の聞こえが急に悪くなる
「突発性難聴」にかかってしまいました。
どちらも明確な原因がわからないまま投薬と一日一時間の点滴で
治療を続けて来ましたが、2月に入ってとうとう眩暈がひどくなり
倒れてしまいました。
主治医の先生とも相談の結果、一度きちんと入院して集中的に
治療に専念すべき、という診断をいただき入院することになりました。

このとき抱えていたのが先月発売になった「DCFS」と「つよきす番外編」
第2巻の原稿です。
先行していた「DCFS」は残り1/4、「つよきす」に関しては
プロットの作成中でした。本来ならすべて仕事を終わらせてから
入院したかったのですが、体調的に無理が利かず泣く泣く「宿題」を
残しての入院となってしまいました。
そして編集さんとも相談の結果、第2巻に関してはお休みを
いただき、御門さんにすべてお任せすることになりました。

入院は3週間ほどで済み、現在は退院して自宅治療をしております。
難聴はかなり回復して来ましたが、まだ眩暈の方は時々続いており
こちらはもう少し時間が掛かりそうです。
とはいっても、今すぐ命にかかわる! というような重病では
ありませんので、どうかご心配なく。頭部以外は健康そのものですよ。
お仕事も少しずつ復帰に向けての準備をしております。
次のお仕事は未定ですが、そう遠くないうちにみなさんにご報告
できるように、しっかり治療しつつ準備を進めています。
どうぞ今しばらくお待ち下さいませ。

入院といっても投薬と点滴、それに2日に一度の検査以外は
やることもないので持ち込んだパソコンでお仕事をしていました。
といっても長い事モニタ画面を見ていると眩暈がするので
30分書いたら10分休み、というペースでしたが。
ちなみにこのblogの2月中の更新のうち、何回かは病室のベッドの
上からやっていました。
耳の聞こえが悪いので音楽も聴けずテレビもなんとなく画面を
見るだけでしたので、あとはちょこちょこっとゲームをやったり
読書をしたりして過ごしていました。

私にとっては人生で初めての経験でしたが、今回の入院で改めて
思ったのは、健康であることの大切さです。
これまで躰の健康だけがとりえみたいなものでしたから、いざ
健康でない状況になってしまうと、忽ち狼狽えて不安になります。
同時に「健康だからできること」「健康だからあたり前だと思っている」
ことが日常生活において如何に多いのかも知りました。

例えば「真っ直ぐに歩く」こと。
ふだん生活をしている中ではごくごく当たり前、意識しなくても
出来ることが、入院中の私には出来ませんでした。
同じように走ることや自転車に乗ること、布団の上げ下げすら
一番病状が重いときにはままならなかったのです。
これが一日中寝たきりになるような重篤な病気ならば言わずもがな
なのですが、見た目には健康な人と殆ど変わらない、ただほんの
ちょっとだけ体の中に不具合があるという今回のような状況では
特に健康とそうでない時の落差を余計に痛感しました。

このblogを読んで下さっているみなさんはまだまだお若い方が
多いと思いますので、健康というものを意識する機会もまだ
少ないかもしれません。
しかし、いざ失ってしまったときになって初めてそのありがたみに
気付く──健康とはそういうものかもしれません。
ちょっと辛気臭い話になってしまいましたが、逆に考えれば
健康であればなんだって出来る、要は躰は全ての資本だという
ことだと思います。アントニオ猪木だって言ってるじゃないですか。
「元気があれば、何でも出来る!」って(笑)

そんなわけで、「入院」という名の季節外れのバケーションを
楽しんで、ほんのちょっぴりですがリフレッシュしてきました。
お仕事やプライヴェートも含めて、今回の入院で失ったものは
非常に大きいですが、得たものも決して小さくないです。
ちょうど誕生日も迎えたことですし、気分一新がんばりたいと
思います。
今後ともご声援のほどをよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
白衣の天使 応援バナー
キャラメルボックス公演情報
 
on Twitter
FC2カウンター
PROFILE

佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)

  • Author:佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)
  • 19XX年埼玉県出身。おひつじ座・O型・ゲームやアニメのノベル、シナリオを書きながらゆるゆると生きてます。商業誌で漫画は描いておりません(苦笑)これまで手がけてきた作品についてはこちらをご覧くださいませ。小説およびシナリオ、企画などのお仕事を広く承っております。ご依頼、ご相談などはstargazer★myad.jp(★をアットマークにしてください)までよろしくお願いします。
    ※現在、2017年初夏以降のライトノベル・ゲームシナリオなどのお仕事を募集中です。
     サンプルテキストなど用意しております。上記アドレスまでお気軽にご相談ください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
■おしながき■
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。