スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏だ! 祭りだ! スク水だ!

さてさて。
8/26はいつもお世話になっているきゃんでぃそふとさんの新作
「つよきす」と私が脚本を書いたドラマCD「姉、ちゃんと
しようよっ!2」の発売日だったわけですが、実は私にとっては
もうひとつ大切なことがあった日でもありました。

それは……。
私、佐々宮ちるだの美少女ゲームシナリオデビュー作品
発売日でもあったのです。

そのゲームとは……



「つよきす」ではもちろんなくて(笑)




「すくみず2~泳・げ・な・い~」
(発売元:サーカスフェティッシュ)です。

本当はもう少し早く告知したかったのですが、何せ本当に
自分の書いたシナリオがゲームになっているのかが不安で
もう少し後になってから発表しよう……と思っているうちに
一ヵ月半が経ってしまいました(笑)
一応自分の担当キャラの分はクリアして確認しましたので
今日この場で発表させていただきました。

このゲームは昨年発売の「すくみず~フェチになるもん!~」の
続編ですが、物語の舞台と登場人物は一新されています。
(前作を楽しんだ方にはニヤリとしてもらえる要素もあります)
ストーリーは、こんな感じです。

海に面した町・江原市。
この温暖な気候の町は、しばしば優秀な水泳選手を輩出していた。

数年振りに故郷の海へと戻ってきた主人公・安曇元基は、
競泳選手から国語講師へと、第二の人生のスタートを切る。

赴任先の学園で、かつてコーチングをした私設水泳チーム
「バタアシ倶楽部」の子供達~今はいい女になっているが~と再会をする。

それぞれに「泳げない」を抱えたヒロイン達。

彼女達のため、元基は再び泳ぎ始める。

その胸の内にフェティッシュな欲望を潜ませて。



文字通り様々な悩みや不安を抱えて「泳げない」教え子たちと
ともにひと夏をすごし、彼女たちを見守り成長させてゆく
「スク水萌エロアドベンチャーゲーム」
──それが「すくみず2 ~泳・げ・な・い~」です。

製作は「D.C.」などで知られるゲームメーカーサーカスの中でも
ちょっぴりフェチな作品をてがける「サーカスフェティッシュ」
チームということで、マニアックな要素がいっぱいです。
とにかくスク水、競泳水着と水着がいっぱい!
えっちシーンもほぼすべて水着着用!(笑)
「えー、でもワタシ初心者だしー」とおっしゃる方もご安心を。
水着愛好者として押さえておくべき基本ワードを網羅した
「ふぇち辞典」モードを搭載。ゲーム中によくわからない言葉が
出てきたらクリック! たちまち懇切丁寧な説明が読めます。

夏休みはもう遠くに去ってしまいましたが、来年の夏休みがすでに
待ち遠しいという方や、毎日が夏休み(しかも8/31の夜)という
私の様生活を送っているな方にもオススメです。
前作ほどマニアックな作りではなく、むしろ学園モノの延長として
楽しめるゲームになっています。
興味をもたれた方は、こちらのサイトにある体験版をプレイして
みてくださいな。

http://circus.nandemo.gr.jp/sakuhin/sukumizu2/index.html



※以下、ちょっぴりネタバレありです。







私が担当したのは6人のヒロインの中の一人、
ちょっぴり天邪鬼な不良娘、渥海ヒナちゃんです。
褐色の肌に海の神様のお守りのタトゥーを入れた
彼女は主人公の従兄妹。同じアパートに住んでいます。
久しぶりの再会を喜ぶ主人公でしたが、しばらく見ない
うちに彼女の生活はすっかりすさんでいました。

主人公はヒナの理解者になってあげたくて、いろいろと
手を尽くすのですが、ある日些細なことから二人の間に
決定的な亀裂が生じてしまいます。
果たして主人公はヒナとの絆を取り戻し、彼女を再び
泳げるようにしてあげられるのでしょうか……というのが
ヒナシナリオのストーリーです。

最初このお話をお受けしたときはフェチものなんて大変だなと
思っていたのですが、先方から「この子のストーリーは学園
モノの王道でいいと思います」という指示があり、私も
あえて18禁の美少女ゲームではなく、コンシュマゲームや
アニメなどの学園モノと同じ感覚して執筆しました。
自分で実際にプレイしてみて、その目論みはある程度は
達成できたかな、というのが感想です。
身びいきなのかもしれませんが、結構押し付けがましくない
感動的なお話になったのではないかと思います。

そういえばこのゲームにはヒナを含めて6人のメインヒロインが
居るのですが、このうち半分の3人は「つよきす」とキャストが
被るんですね。
美人スイマー姉妹のお姉さんでしっかりものの世弥(よみ)は
「つよきす」では祈先生などを演じられたまきいづみさん。
ちょっぴりオタでこまっしゃくれたマネージャーの眼鏡っコ
香恵を演じたのは「つよきす」のカニっちでひたすらシャウト
していた金田まひるさん、そしてブルメイ国から留学生として
やってきた本物のお姫様ミカは「つよきす」の姫、エリカ役の
北都南さんが演じてます。
それぞれうまいことキャラや性格が正反対なので、聞き比べると
面白いです。特にミカとエリカはどちらもお姫様ですが、傍若無人の
エリカに比べるとミカは実におしとやか。でもやっぱりどこか
浮世離れしているところがあって、主人公のことは「お師匠様」と
呼んでいます。その理由はゲームをプレイして確かめてください。

ついでにもうひとつ「つよきす」つながりの話を書くと、
8/26発売の美少女ゲームで売り上げダントツTOPだったのは
「つよきす」だったのですが、実は2位はこの「すくみず2」でした。

それから、今日のエントリーのタイトルであるオープニングテーマは
前作同様モモーイこと桃井はるこさんが担当。
夏の抜けるように高い青空にぴったりの曲です。
同じく前作でも話題となったブルコンのテーマ曲は、
かの「日本○レイク工業社歌」で一躍時の人になったあのお方
(によく似た人)が作詞作曲そして歌唱しております。
これがまたやたら耳に残る曲なのですよ、ハイ。

ともあれ、念願のゲームシナリオを手がけることができて非常に
幸せな御仕事でした。
みなさんも機会がありましたら是非プレイして、感想をお聞かせ
くださいませ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白衣の天使 応援バナー
キャラメルボックス公演情報
 
on Twitter
FC2カウンター
PROFILE

佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)

  • Author:佐々宮ちるだ(Tilde SASAMIYA)
  • 19XX年埼玉県出身。おひつじ座・O型・ゲームやアニメのノベル、シナリオを書きながらゆるゆると生きてます。商業誌で漫画は描いておりません(苦笑)これまで手がけてきた作品についてはこちらをご覧くださいませ。小説およびシナリオ、企画などのお仕事を広く承っております。ご依頼、ご相談などはstargazer★myad.jp(★をアットマークにしてください)までよろしくお願いします。
    ※現在、2017年初夏以降のライトノベル・ゲームシナリオなどのお仕事を募集中です。
     サンプルテキストなど用意しております。上記アドレスまでお気軽にご相談ください。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■おしながき■
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。